筋トレをしてるのになかなか筋肉が成長しないのってリストストラップを使ってないのが原因かも

頭を抱える男性の画像ボディメイク

筋トレしてるのに全然筋肉がつかないんだけどどうして? プロテインも飲んでるし、ちゃんと睡眠もとってるのに…。

 

筋トレを頑張ってるのになかなか筋肉が成長しない人っていますよね。

それなのになかなか筋肉がつかないというあなた、筋トレ中にちゃんとリストストラップは使ってますか?

 

「リストストラップって何?」と思ったあなた!

「リストストラップって筋トレ初心者には必要ないでしょ」と思ったあなた!

 

もしかすると、なかなか筋肉がつかない原因はリストストラップを使ってないことにあるのかもしれませんよ。

 

筋トレ中にリストストラップを使っていない人で、なかなか筋肉がつかないという人はぜひつづきをご覧ください。

 

それではLet’s Go!!

 

リストストラップとは何か?

赤ちゃんの手の画像

リストストラップとは、簡単に言うと「握力を補助してくれるベルト」のことです。

 

どんなものなのかイメージつかないという人のために下にリンクを貼っておきますね。

 

リストストラップにはナイロンなどの繊維素材のものと皮革素材のものがありますが、前者の方が一般的です。

 

繊維素材の方が気軽に洗えて衛生面で安心なことと、値段が安いからでしょうね。

 

ちなみに、ぼくの持ってるリストストラップは繊維素材(ナイロン)です。

 

なぜ繊維素材にしたかというと、当時は皮革素材のリストストラップがあるって知らなかったからです(笑)

 

ぼくはHarbinger(ハービンジャー)のリストストラップを使用していますが、ぼくの通っているジムではゴールドジムのものを使用している人が圧倒的に多いですね。

 

Harbinger(ハービンジャー)の方が手首に巻きつけるストラップの部分のパッドが厚く、手首にストラップが食い込みにくそうだったので、ぼくはこっちを買いました。


リストストラップを使うべき理由

リストストラップを使うべき理由は、最終セットでもちゃんと筋肉を追い込めるようにするためです。

 

デッドリフトやラットプルダウン、ローイング系の種目などをするとき、セットを重ねるにつれ、だんだんと握力が衰えていった経験はありませんか?

 

握力がなくなってくるとダンベルやバーベルをきちんと握れなくなるので、トレーニングに集中することができなくなります。

 

ダンベルやバーベルを落とさないように必死になりますから、トレーニングどころではありませんよね。

 

そのためトレーニングに集中できず、筋肉を追い込むことができません。

 

筋肉を追い込むことができない結果、筋肉は大きくならないというわけです。

 

背中に効かせる懸垂のやり方とSSCチンニングを山本義徳先生から教わりました。

「【上越YG】山澤 礼明」さんの動画で山本義徳先生もリストストラップの着用をおすすめしています。

 

リストストラップを使用すれば最後まで握力がもつので、効果的にトレーニングをすることができるようになります

 

ダンベルやバーベルを落とす心配がなくなるので、鍛えている筋肉だけに意識を集中することができるからです。

 

とくに筋トレ初心者は握力の持久力がないので、リストストラップを使わないと鍛えたい筋肉よりも先に握力の方がへばります。

 

なので、リストストラップを使わないと筋肉の成長が遅くなるのはごく当たり前のことなのです。

 

あなたに筋トレの才能がない、というわけではないので安心してください。

 

リストストラップの使い方

リストストラップの使い方はこちらの動画をご覧ください。

リストストラップの巻き方とウェイトトレーニングで使うメリット&何kg持てるか挑戦!

あいかわらず「katochan33」さんの動画はとてもわかりやすいです。

 

慣れないうちは片手で巻くのは難しいかもしれませんが、1ヶ月もすれば無意識に巻けるようになりますよ。

 

リストストラップを使用している筋トレ動画を観てみよう

ここからは実際に筋トレ時にリストストラップを使用しているYou Tube動画をご紹介します。

 

リストストラップを使ってトレーニングする際の参考にしてみてください。

 

【日本一のマッチョ】どデカい胸を作る筋トレのコツ!字幕付き

「バルクアカデミーkatsuya kitamura」さんのこの動画を観るまで、ダンベルプレスをするときにリストストラップを使うなんて思ってもみなかったです。

 

あなたも1度3点保持でダンベルプレスをすれば、今後はリストストラップなしのダンベルプレスができない体になりますよ(笑)

 

びっくりするぐらい胸の筋肉だけに集中してトレーニングをすることができるようになるので

 

【日本初】チンニング(懸垂)完全ガイド【そのやり方じゃ背中はデカく厚くならない】

懸垂をするときってパワーグリップを使うのが一般的ですが、この動画のとおり、リストストラップでも代用可能です。

 

もちろん、ラットプルダウンをするときも代用可能です。

 

 参考までに、これがパワーグリップです。

 

リストストラップと違って、パワーグリップは巻きつける手間がかからないというメリットがあります。

 

ただ、リストストラップのように色んな種目で使うことができないのがデメリットですね。

 

ぼくの通っているジムでは、懸垂やラットプルダウンのときにパワーグリップを使って、デッドリフトやローイング系の種目のときにリストストラップを使うというふうに2つを使い分けている人が多いです。

 

ぼくはいちいち使い分けるのが面倒くさいのと、あまり荷物を増やしたくないので、リストストラップしか使ってません。

 

余談ですが、もしパワーグリップを購入するのなら、ゴールドジムの公式通販サイトで購入した方がいいですよ。

パワーグリップは偽物が多く出回ってますからね。

 

こちらの記事でリストストラップとパワーグリップの比較をしているので、どちらを買おうか悩んでいる人はよかったら参考にしてみてください。

リストストラップとパワーグリップの違いを筋トレ初心者向けに解説
この記事を読めば「パワーグリップやリストストラップって何?」、「どっちの方がおすすめなの?」という悩みを解決することができます。お悩みの方はぜひご覧ください。

さいごに

リストストラップを使わないと筋肉が成長しにくい理由がわかってもらえたでしょうか。

 

筋トレ初心者ほどリストストラップを使っていないので、早いうちからリストストラップを使ってトレーニングをすれば周りの人たちにどんどん差をつけることができますよ。

 

周りの人たちは、どんどん成長していくあなたを見て不思議に思うことでしょう。

 

さいごまで読んでくれてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました