横になっている猫

ボディメイク

もうメニューを考えなくても大丈夫!誰でも簡単にできるゆるゆる糖質制限ダイエット法!

投稿日:2019年8月29日 更新日:

はいさい、ぷんちです。

 

「糖質制限ダイエット メニュー」で検索すると、糖質制限ダイエットによさそうなメニューがたくさん載っているサイトが出てきますよね。

 

でも悲しいかな、僕は料理が苦手なのでそれらのサイトのほとんど参考にならないんですよね(笑)

 

サイトを見てても、

 

「そのチキン料理、美味しそうだけど作るの無理」

「レシピが100選以上あるとか見るのめんどくさい…」

「ギリシャヨーグルトを買ってくるだけでいいとか、神!!……てか、これ料理じゃなくね?」

 

って感じです(^^;)

 

 

料理ができない僕が、料理ができない、またはダイエット中はできるだけ料理を手抜きしたいという人に向けて、誰でも簡単にできるお手軽な「ゆるゆる糖質制限ダイエット法」を考えました。

 

「これから紹介する方法を1ヶ月続ければマジで痩せます!」

 

1. 糖質制限ダイエットとは?

両手を上げる女性の画像

糖質制限ダイエット中は1食あたりの炭水化物の摂取量を20~40g程度にするのがいいと言われています。

ただ、毎食ごとに炭水化物がどれくらい入っているのか調べるのは面倒くさいと思うので、1食あたりに摂取してもよい炭水化物の量は握りこぶし1個分と覚えておいてください。

 

2. 朝食

朝食は、①プロテインと青汁を混ぜたもの、または②プロテインとマルチビタミンのサプリを飲みましょう。

カロリーを抑えるためにも上記①、②ともに水で溶かしてください。

 

 

朝からプロテインを飲むと、カロリーが高いものを食べたくなる欲求が弱まるという実験結果が出ているので、ダイエットをしている人は朝は必ずプロテインを飲むようにしましょう

 

詳しくはこちらの記事の「2. 朝食の代わりにプロテインを飲むと痩せる理由」を参照してください。

【ダイエット】朝に食べると太りやすくなる食べ物と痩せやすくなるものはこれだ!

 

青汁やマルチビタミンは、プロテインに含まれていないビタミンやミネラルを補うために飲みます。

 

上記①を飲み続けるとダイエット効果だけでなく、美肌などの美容効果もかなり期待できるので、美容に関心のある人にはかなりおすすめです。

 

痩せることだけが目的であれば、プロテインだけでも全然大丈夫です

 

 

白い粉の画像

「朝食を抜くと体に悪い」と思っている人もいるでしょうが、それは迷信です。

 

人間が朝食を食べるようになったのは、日本では江戸時代、西洋ではそれよりも後だと言われています。

 

そもそも、現代と違って、人間は朝起きたら、獲物を探しに狩りに行っていました。

なので、当然朝食なんてありません。

 

また、農耕民族の場合、太陽が登る前に起きて畑を耕し、だいたい9時から11時ぐらいに朝食を食べたそうです。

 

つまり、人間は本来、朝食を食べない生き物なので朝食を食べなくても問題はないのです。

 

 

たしかに、朝はご飯やパンなどを食べないと頭が回らないという人もいますが、それは朝食を食べるのが習慣になっているからです。

 

個人差はありますが、朝食抜きの生活を2、3週間ほど続ければ、朝食を食べなくてもちゃんと頭が働くようになりますので安心してください。

 

 

上記①、②には糖質はほとんど入っていないので、朝食はプロテインを飲むようにしましょう

 

朝食での摂取カロリーは、約120kcal

 

3. 昼食

皿を持つ女性

下記の条件を満たしていれば、昼食は何を食べても大丈夫です。

 

ただし、ご飯やパンはあなたの握りこぶし1個分の量以上は食べないようにしてください。

 

  • 男性の場合、揚げ物以外、たんぱく質25g以上、カロリーは700kcal以内
  • 女性の場合、揚げ物以外、たんぱく質20g以上、カロリーは500kcal以内

 

4. 夕食

下記の条件を満たしていれば、夕食は何を食べても大丈夫です。

 

ただし、昼食と同様、ご飯やパンはあなたの握りこぶし1個分の量以上は食べないようにしてください。

 

  • 男性の場合、揚げ物以外、たんぱく質25g以上、カロリーは700kcal以内
  • 女性の場合、揚げ物以外、たんぱく質20g以上、カロリーは500kcal以内

 

早く痩せたい場合、ご飯やパンを食べない方がいいです。

 

 

「カロリー計算するのとか面倒くさい…」という人は、デリバリーのお弁当を注文してみてもいいと思います。

マッスルデリの画像

引用元:マッスルデリ

 

どんなお弁当が届くのかは下の動画を参照してみてください。

筋トレYou Tuberの「サイヤマングレート」さんの動画です。

 

冷凍のお弁当なので1ヶ月以上も保存しておけるのは便利ですね。

 

5. 間食

ダイエットをしてると、朝食と昼食の間、昼食と夕食の間など、どうしても何か食べたくなるときってありますよね。

 

なるべく間食はしない方がいいですが、食べるのを我慢しすぎてダイエットが続かなくなるぐらいなら食べましょう。

 

そして、どうせ食べるならダイエットに効果的なものを食べましょう。

 

僕のおすすめは「inバーのグラノーラ」です。

106kcalしかないのに、たんぱく質が10.5gも取れます。

 

チョコ系が好きな人はこっちの「inバーのベイクドビター」がおすすめです。

こちらは155kcalありますが、たんぱく質は同じく10.5g取れます。

 

プロテインバーは食べごたえもあるので、ダイエット中に小腹が空いたときにはけっこう役に立ちますよ。

 

さいごに

この記事で紹介したとおりにカロリー摂取すれば、1日あたりの摂取カロリーは間食を含めても、男性は約1600kcal女性は約1200kcalになります。

 

なので、男性で1日あたりの摂取カロリーが2000kcalの場合、または女性で1日あたりの摂取カロリーが1600kcalの場合、400kcalも減らすことができるのです。

 

脂肪を1kg減らすのに必要な消費カロリーは約7200kcalと言われているので、1日に400kcalも減らすことができれば、たったの18日で1kgの脂肪を減らすことができます

 

まずは18日間、頑張りましょう!

 

 

さいごまで読んでくれてありがとうございました。

 

さらに早く痩せたいという人にはこちらの記事がおすすめです

体脂肪が気になる人へ!すべての食品をトクホに変える魔法の粉をご紹介!

 

ただ痩せるだけじゃなく綺麗なくびれも欲しい人にはこちらの記事がおすすめです

最短でくびれボディを作るなら背中を鍛えたほうがいいって知ってた?

 

 

フルーツスムージーダイエット

-ボディメイク

Copyright© ぷんちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.